手作り市に出るなら!商品の平均売上目標を決めよう!手作り市【ものづくり応援団】全国のクラフトフェア情報サイトポータルサイトno1


 

 

 

手作り市に参加する時に考えておきたいのが、商品の平均売上目標を決めておくことです。

目標を決めておくことによって、その目標を達成できるように売ろうという気持ちが湧いてきます。

例えば、一人のお客様が商品を購入してくれようとしているのであれば、
そのお客様にもう一品購入してもらえるように交渉してみてもいいでしょう。

もう一品購入してくれれば割引きしますといった風に交渉することによって、
もう一品購入してもらうことができるようになるかもしれません。

交渉する

そうやってお客様と交渉を行いながら販売をしていく事で、手作り市での
売上を伸ばしていく事につながるのです。


手作り市で目標を達成することができたのであれば、次の出店の際にも
励みになりますし、更に売上を伸ばすことも出来るようになるかもしれません。

また、そこでファンが付けば次の出店時にも追加で何かを購入しに
リピートしてくれる人もきっといるはずです。

手作り市に出品するからには、自分の商品を購入してもらいたいですので、
上手く販売することができるようにいろいろ考えてみるといいでしょう。

方法を考える

考えたことが上手くいけば売り上げにも繋がり、さらに出店が
楽しくなっていくのではないでしょうか。

そこから、更に別の商売に発展する可能性もあり
夢が広がるかもしれません。

 

時給換算はやるべき?原価と材料費を考慮したハンドメイド商品の値段の決め方

ハンドメイドした作品を売る場合、どの程度の値段を付ければよいのか迷う人も多いでしょう。
あまり高い値段を付けてしまうとなかなか売れないですが、安すぎた場合には損をしている気分になってしまい、制作を続けるモチベーションを失うこともあります。

自分で手作りした商品を売るときの値段の決めるには、まず原価を計算して作るときにかかった経費を割り出します。
そして経費を元に利益が出るよう売値を決めるのがおすすめです。

経費には材料を購入するときにかかった費用が含まれます。それから通信販売で売るのなら梱包材の費用も含めます。
さらに値段を決める際には、ハンドメイド作品の制作にかかった時間をどうするか、という問題があるでしょう。

色々な考え方がありますが、仕事として成り立たせるようになるのを目的とするなら、作業時間を時給換算して含めるのがおすすめです。
住まいの地域でアルバイトをした際の、最低時給額を参考に計算してみましょう。これらの費用を足した額が原価となります。ハンドメイド作品の販売価格を決める際には、この2倍から4倍程度の額にするのが一般的です。

とはいえ始めたばかりの場合には、利益を出せるまでにならない可能性も少なくありません。
最初は低めの値段に設定して制作をして、売れる楽しさを実感しながら次第に効率や利益を得られるように工夫するのがおすすめです。




チラシ 作家 スイーツ スタンプ 売れない 石鹸 ポストカード クラフトフェア スケジュール 消しゴムはんこ 出店 収入 出品 コーヒー
オリジナル 相場 一覧 売れるもの 作品 アイシングクッキー おつり 売れない理由 セッティング お菓子 売れる 売上 毛糸 売れ筋 平日開催